浮気の証拠をつかむ気合いに満ち溢れ

絶対、浮気の証拠をつかむ!「断言されたっ...」むー、疑わしきは罰せよ。既に与えるべき?

「無実だ!無実の亭主へ罰与え、如何なる恩恵を得よう?幾ら身内でも、不徳を重ねれば、必ず後悔するであろう」

勿体ぶった文句、止めて頂戴。浮気の証拠をつかむ等、造作もねーぜ。お願い、自ら告白お願い。

「自白?勘弁!そりゃ、同僚とメールやLINE、SNSでよく話を交わす。だがそれ以上...」けど相手は、20代女子。幾ら何でも、信じろとゆー方が、無理。

「偶々さ!分らんか?新入社員を僕なりに気遣い、色々ケアを...」ケア?不倫、誤魔化すべく用いた詭弁よ。浮気の証拠をつかむ、絶対ね。

「むっ。でも、どれ程叩こうが、埃ねー以上、何一つ見つからんぞ」じゃあ、大丈夫よ。大人しく、沙汰、待って頂戴。

「浮気の証拠をつかむ、やめろっ!」随分必死ねぇ。「当然さ!相手が...よりも僕か...。名誉棄損!恐らく、深く傷つけてしまう筈...ならば、退社するやも」

大袈裟すぎ。「君、分ってねー!」そう?「勿論!」